Teacher

講師紹介

みなさんが音楽を楽しめるように

クオリア・ストリングス・アンサンブルに所属している講師をご紹介いたします。
一言に〇〇の先生といってもいろんな方がいます。一番大事なのは「相性」です。
「相性」は実際にお会いにならないとわからないですが、まずはメッセージや経歴を見て確認してみてください。

代表

清水 唯史

Shimizu Tadashi

担当:チェロ

メッセージ:
音は、人間の5感を一つ一つ大事にし、初めて良い音になっていくものです。 練習すれば上手くなる、確かに間違ってません。 しかし、長い時間練習すれば上達する訳ではありません。人間の感性を一つ一つ音楽に取り組む事で、上達のスピードがとてつもなく増し、短時間で上手くなります! <上手くなるには時間を大事にする事> 昔から楽器の弾き方などにお困な方、QSEはそれを確実に解消させます!! 是非、一度無料体験レッスンにお越し下さい。

経歴:
神奈川県出身、4歳からチェロを始める。桐朋学園大学音楽学部入学、 2016年卒業。在学中ダーヴィド・ゲリンガス氏マスタークラスを受講、 京都・国際音楽学生フェスティバルに桐朋学園大学代表として出演。

続きを読む
2016年アルネア・カルテットのメンバーとしてサントリーホール室内 楽アカデミー第4期生となり研鑽を積む。ザルツブルク=モーツァルト 国際室内楽コンクール2019 in Tokyo 第3位入賞。 現在、アルル音楽教室、宮地楽器音楽教室、ケーエムアーツ音楽教室の チェロ講師。 これまでチェロを臼井洋治氏、銅銀久弥氏に、室内楽をサントリーホー ル室内楽アカデミー・ファカルティメンバー、北本秀樹、加藤知子、 藤原浜雄、山口裕之、磯村和英、小森谷泉、藤井一興の各氏に師事。

  

上敷領 藍子

Kamishikiryo Aiko

担当:バイオリン

公式HPはこちら

メッセージ:
室内楽や合奏は、一人では叶わないもの。クオリアストリングスアンサンブルでは音と言葉を使って共に音楽を作り上げていくことができる最高の時間を皆様と共有します。

経歴:
東京藝術大学音楽学部首席卒業後、同大学大学院修士課程を修了。マーストリヒト音楽院首席卒業。国内外で数々の賞を受賞。2016年に帰国し、国内外にてソロ、室内楽、オーケストラの客演など各分野において幅広く演奏活動をしながら、

続きを読む
昭和音楽大学にてヴァイオリニストの音程について研究をしている。 京都コンサートホール登録アーティスト。

横田 由美 

Yokota Yumi

担当:バイオリン

メッセージ:
鳥が風を読むように、演奏家は音楽の流れを感じ取って飛翔していきます。レッスン室では見られない実戦の様子を間近で見て貰って、一緒に音楽を作るのがQSEの醍醐味です!

経歴:
1992年東京出身、3歳からヴァイオリンを始める。ソロ、室内楽、オーケストラ等出演歴多数。2000年放映NHK『おはようニッポン』、2011年放映テレビ東京『7スタLIVE』自由が丘特集にて演奏。

続きを読む
初めてのソロコンサートが月刊ショパン2017年2月号に掲載、好評を博す。これまで岩澤麻子、岡田光樹、関尚子、保井頌子、鷲見恵理子の各氏に師事。ジェラール・プーレ特別レッスンを受講。2012年に音楽教室をオープンして以来これまでに50人以上の生徒を指導。丁寧かつ論理的なレッスン内容に定評がある。自由が丘ヴァイオリン音楽教室講師。

  

森澤 麻里江 

Morizawa Marie

担当:バイオリン

メッセージ:

経歴:
3歳よりヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部4年在学中。ヴァイオリンを奥村智洋、松原勝也、漆原朝子、水野佐知香、野口千代光、室内楽を坂井千春、東誠三、菊地知也の各氏に師事。2018年に横浜交響楽団とソリストとしてオーケストラ共演。

続きを読む
2019年世界的指揮者リッカルド・ムーティによるイタリアオペラアカデミー in東京 vol.1にオーケストラメンバーとして参加。また、同年アランギルバートが音楽監督を務めるMusic Master Course Japanにオーディション選抜により参加。2021年東京藝術大学シンフォニーオーケストラのプロムナードコンサートではコンサートミストレスを務める。プロオーケストラのエキストラとしても出演多数。
横浜国際コンクール、K音楽コンクール等コンクール入賞。洗足学園室内楽フェスティバル、ミュージックセミナーinゆうばり、オホーツク紋別音楽セミナーなどのセミナーに参加。オレグ・クリサ、フェデリコ・アゴスティーニ、川崎雅夫、ピエール・アモイヤルの各氏に指導を受ける。
その他、子供への指導やアウトリーチなどの活動も積極的に行なっている。

砂原 千聡 

Sunahara chisato

担当:バイオリン

メッセージ:

経歴:
3歳からヴァイオリンを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部を卒業。22年4月から東京藝術大学大学院音楽研究科に進学予定。ヴァイオリンを松原勝也、漆原朝子、島根恵、室内楽を市坪俊彦、漆原朝子、野口千代光、伊藤恵、菊池知也の各氏に師事。第27回ブルクハルト国際音楽コンクール弦楽部門1位。

続きを読む
第21回日本演奏家コンクール大学部門2位、読売新聞社賞。オホーツク紋別音楽セミナーに参加し、選抜されコンサートで独奏。第9回、第11回ミュージック・アカデミーinみやざきに参加し選抜受講生コンサートに出演。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016にて佐藤卓史氏と共演。昭和音楽大学オーケストラ研究員としても活動中。コンサートでコンサートミストレスを務める。また、プロオーケストラの公演にエキストラとして出演。

  

柏原 悠 

Kashiwabara Yu

担当:バイオリン

メッセージ:

経歴:
福島県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。安積黎明高等学校を経て、東京音楽大学卒業。同大学院音楽研究科科目等履修生を修了。これまでに田中洋子、菊池恭江、景山誠治、景山裕子、齋藤真知亜の各氏に師事。現在、オーケストラの客演、室内楽、100万人のクラシックライブの演奏家として各地で演奏するなど、幅広く演奏活動を展開。

続きを読む
2018年3月には福島県いわき市久之浜町にて、千の音色でつなぐ絆プロジェクトの一員として津波ヴァイオリンを演奏した。また、後進の指導にも力を入れている。

三島 彩 

Mishima Aya

担当:バイオリン

メッセージ:

経歴:
島根県出雲市育ち。洗足学園音楽大学を経て、同大学大学院音楽研究科首席修了。 大学院各専攻首席学生による「大学院グランプリ特別演奏会」において準グランプリを受賞 。第26回日本クラシック音楽コンクール全国大会大学・一般の部入賞。 豊かな音色と洗練された音楽性に定評があり、在学中、特別選抜演奏者及び、前田記念奨学生に認定、数々の学内コンサートオーディションに合格し、学部生による「コンチェルトの夕べ」「大学院コンチェルトの夕べ」のソリストを務める。 2015年、2017年、2019年には、ヴァイオリンとピアノによるデュオ「三島彩・片平萌野デュオリサイタル」を開催。

続きを読む
「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018」キオスクコンサート等に出演し、好評を博している。 また、オーケストラでは様々な公演でコンサート・ミストレスを務める。 これまでにヴァイオリンを加納佑春、芦原充、漆原朝子、水野佐知香、安永徹の各氏に、室内楽を物集女純子、木越洋、大野かおるの各氏に師事。 現在首都圏を拠点にソロ、室内楽、オーケストラ等で活発な演奏活動を行っている。洗足学 園小学校音楽非常勤講師助手。

川上 拓人 

Kawakami Takuto

担当:ビオラ

メッセージ:
QSEは、指揮者なしで合奏の勉強や演奏を行います。影の立役者ヴィオラの温かな音色で、言葉だけでなく、音楽でのコミュニケーションを楽しみましょう。

経歴:
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学音楽学部卒業。
同校研究科、桐朋オーケストラアカデミー修了。ヴァイオリンを森川ちひろ、辰巳明子、バロックヴァイオリンを寺神戸亮、戸田薫、ヴィオラを佐々木亮、室内楽を磯村和英、店村眞積などの各氏に師事。

続きを読む
「サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン」にてヘーデンボルクトリオと、「昭和音楽大学研究発表」にて小森谷巧氏と、「デビュー30周年記念竹澤恭子の室内楽」にて竹澤恭子、川本嘉子、横坂源の各氏と共演。プロジェクトQ・第16章出演。アルネア・カルテットメンバー。昭和音楽大学合奏研究員、洗足音楽大学演奏補助要員、聖徳学園演奏支援員。昭和音楽大学附属 音楽・バレエ教室、ケーエムアーツ音楽教室講師。サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー。

  

横畠 俊介 

Yokobatake Shunsuke

担当:ビオラ

メッセージ:
QSEでは、講師陣と一緒に演奏しながら練習を進めていくので、音色や弾き方だけでなく呼吸の合わせ方や練習の進め方についても学ぶ事ができます。

経歴:
3歳よりヴァイオリンを始め、その後ヴィオラに転向する。東京音楽大学音楽学部器楽専攻(ヴィオラ )卒業。これまでに、ヴァイオリンを藤澤一彦氏に、ヴィオラを兎束俊之、大野かおる、店村眞積の各氏に師事。THE ORCHESTRA JAPAN正団員としてDisney On Classicのコンサートツアーに参加。

続きを読む
また、MITTENWALDレーベルより、印田千裕弦楽四重奏団のメンバーとして参加した『三木鶏郎のクラシック音楽』、『日本女性作曲家の歩みⅡ〜室内楽作品〜』のCDがリリースされている。

  

田中 玲 

Tanaka Rei

担当:ビオラ

メッセージ:

経歴:
1996年生まれ。6歳より桐朋学園子供のための音楽教室にてヴァイオリンを始め、15歳でヴィオラに転向。現在、桐朋学園大学音楽学部を卒業し桐朋学園オーケストラ・アカデミー3年在籍。GMMFS(Pyeongchang Music Fes)2016に参加。京都・国際音楽フェスティバル2017に学校推薦で出演。プラネットテラユースオーケストラ演奏会にてコンサートマスターを務める。

続きを読む
ヴィオラを磯村和英氏に、ヴァイオリンを恵藤久美子氏に師事。

  

西村 梨沙 

Nishimura Risa

担当:ビオラ

メッセージ:

経歴:
長野県出身。6 歳より桐朋学園「子供のための音楽教室」長野教室にてヴァイオリンを始め、東京音楽大学付属高等学校入学を機にヴィオラに転攻。T・リーブル、B・パスキエ、W・シュトレーレの各氏のマスタークラスを受講。霧島音楽祭など多数の音楽祭にて研鑽を積む。これまでにヴァイオリンを篠崎功子、松田典子各氏に、ヴィオラを大野かおる、店村眞積の各氏に師事。東京音楽大学ヴィオラ専攻を卒業。

続きを読む
現在はソロ、室内楽、オーケストラなど幅広く演奏活動を行なっている。洗足学園音楽大学準演奏補助要員。

  

十河 七海 

Sogou Nanami

担当:コントラバス

メッセージ:

経歴:
京都市立京都堀川音楽高校、東京藝術大学を経て、現在、東京藝術大学大学院に在学中。これまで、西口勝、池松宏、吉田秀、西山真二、幣隆太朗各氏に師事。第27回および第28回日本クラシック音楽コンクール コントラバス部門大学生の部最上位、

続きを読む
第3回泉の森コントラバスコンクール第3位、第5回あおによし音楽コンクール プロフェッショナル弦楽器音大生・院生・卒業生部門第3位、第18回大阪国際音楽コンクール 弦楽器部門(Age-U) エスポアール賞。

お問い合わせ

無料体験お申し込み・ご質問等、お気軽にご連絡ください。